FC2ブログ
 

子どもの絵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーロー

最近のヒーローものは、大人を意識しているのか、ストーリー性を持たせたものが多い。話が複雑になりすぎて、見ている子どもには何のことやら。昔のヒーローものは、なんと話が稚拙なことか。話の展開がとっても強引である。大人になって改めて見ると、突っ込みどころが満載だ。子ども相手だからこんなもんでいいやと言う割り切りだったのか、今程世間に突っ込まれることが無い分、思いっきり好きなことがやれたのか。ヒーローは子どもが見るものであって、もっと単純な作りでいいと思う。怪獣がばんばん町を壊して、戦うウルトラマンもばんばん町を壊す。子どもは、あのビルにすんでいた人はどうなったのだろうとか考えない。ただ、迫力あるバトルを見たいだけなのだから。もしもやりすぎたのであれば、復元光線で直せばいい。リアリティーを中途半端に入れずに、おもいっきり非現実的、非科学的でいいと思う。だって、ヒーロー自体がフィクションなのだから。


080914.jpg




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。